どんな外部機関を使える?

専門業者が最も一般的

人材育成研修を依頼できる外部機関として一般的によく利用されているのは人材を扱う専門業者です。人材教育に特化して事業を展開している業者もあれば、人材の就職や転職、採用などもサポートしている人材紹介会社もあります。企業をクライアントとして研修を実施する一方、資格学校や通信教育などの事業も展開している社会人向けの民間教育機関も少なくありません。このように人材を成長させることに注力している業者に依頼すれば人材教育研修に関するコンサルティングを受けたり、計画の策定と実施を求めたりすることが可能です。あるいはその業者が一般に提供している研修やセミナーなどに参加できる権利を社員に与えてもらうことができます。

フリーランサーも探してみよう

外部に教育研修を依頼するという考え方を少し角度を変えて見てみましょう。人材教育の担い手は必ずしも組織として大きな機関である必要はありません。個人であっても十分に教育スキルがあるなら効果的な研修を実施してくれるでしょう。クラウドソーシングなどを利用してフリーランスの人材を探してみるのも良い方法の一つです。社内教育の計画と実施を行ってくれる人材を探すこともできますが、研修そのものを行ってもらう人材も見つけることができます。フリーランスの人に依頼すると柔軟な対応力があることに加え、コスト的にも一般的な専門業者に比べると安上がりになるでしょう。高いコストパフォーマンスを発揮する可能性がある選択肢なのです。

接客マナーの研修を専門的に行うコンサルタントがいます。よりクオリティの高い顧客対応を行うため、こうした外部のコンサルタントへ研修を依頼する企業が増えています。