導入費用はどのくらいかかる?

オンライン人材研修に必要なもの

人材研修は会社などにおいて、新入社員や新たな階級になった社員などを対象として行うことが多いです。従来の人材研修では、特定の日時を設定して、一度に対象となる人物たちをひとつの会場に集め、その場で講習や研修、講義などを行うということはほとんどでした。しかし、IT技術の発展とともに、人材研修もネット上で行うオンライン研修というものが徐々に増えてきています。オンライン人材研修では、当たり前ですが、インターネット技術を活用することができる末端が必要となります。対象となる人物がそれぞれ個々で人材研修を受けるのならば、端末を人数分用意しなければなりません。しかし、近年では、個人的に所有している末端から人材研修を受けることが増えており、研修内容を撮影する機材など必要なものを少ないです。

オンライン人材研修の導入にかかる費用

オンライン人材研修にかかる導入費用は、従来の人材研修にかかる費用よりも、はるかに少ない金額になっているという実情があります。オンライン人材研修には、まず端末の購入費用が掛かります。どのような端末を購入するか、そしてどれだけの数の端末を購入するかによって費用は大きく変わります。また、研修内容を撮影するための、カメラやマイク、そしてそれらを編集するパソコンが必要です。これらは人材研修を専門に扱い企業からレンタルすることも可能です。一方で、従来の人材研修では、研修場所を確保する費用と資料を用意する費用、それらを録画する費用などが掛かり、場合によっては研修を受ける人々の移動費用も掛かるため、莫大な金額になります。

アイコンタクトはコミュニケーションの基本ですが、店員とお客様の関係では視線を合わせ過ぎると、相手が圧迫感を感じることがあります。そのため接客の研修では、時々は視線をはずすスキルをレクチャーしましょう。